黄金暴君ハバネロ

見た目全然辛そうじゃないのに激辛。

暴君ハバネロシリーズの新商品「黄金暴君ハバネロ」が本日よりコンビニ限定で発売。
今作の特徴は、江戸時代より存在したといわれる黄金色に輝く唐辛子「日本一辛い黄金一味」のパウダーを使っているところ。
鰹と昆布の和風だし醤油に、日本一辛い黄金一味を使ってキレのあるウマ辛味に仕上げたそうです。

スナックの色がいつもの赤ではなく黄色。
まるで普通のスナック菓子のようですが、辛さの目安は7。
普通の暴君ハバネロは5なのでそれよりも相当辛いわけですが、どの程度なのかもう想像がつきません。

ネット通販での購入はこちら。
 ↓

マネーステップ

仕事や趣味などでよく歩くという方、そのウォーキングを投資資金に変えてみませんか?

歩くだけで投資資金が貯まる歩数計アプリ「マネーステップ」。
1日1万歩以上歩くと3円分、1ヶ月20万歩以上で10円分のポイントが貯まり、
獲得したポイントは資産運用サービス「トラノコ」で投資に使うことができます。

獲得できるポイント額だけ聞くと、そのためだけに歩く気はしないかもしれませんが、普段から歩いている人ならばそのついでにポイントを貯められるので、使って損はないでしょう。
アプリには、歩数計の他にカロリー計測、距離計測、カレンダー、メモ機能などがあります。

投資は元本を失うリスクがありますが、歩いて貯めたポイントなら痛手にはならないし、健康とポイント獲得の一挙両得を狙ってみては如何でしょう。

マネーステップについて詳細、アプリダウンロードはこちら
現時点ではiOSのみ対応。
Androidは今秋予定。

せいかつのふしぎ なぜ? どうして?

もし幼子に、海の水はどうしてしょっぱいの?と訊かれたら、あなたはどう答えますか。

この質問は、20年ほど前に私が参加したセミナーで、講師が自身の経験として話してくれたものです。
相手が大人であれば科学的な方向の話をするでしょう。
でも相手は幼い子ども。

そこでなんと説明すればいいか考えあぐねていると、講師の奥さんが一言「海には塩が入っているからよ。」
それを聞いてお子さんは「そうなんだ」と納得したそうです。
そして講師は、そんな簡単な説明でいいのかと衝撃を受けたとか。

このように子どもから時折発せられる「何故?」に戸惑うことは多いでしょう。
そんな、大人でも答えづらい「なぜ?どうして?」を分かりやすく解説する”たのしく学べるシリーズ”の最新刊 「せいかつのふしぎ なぜ?どうして?」が発売。

なぜ挨拶をするのか?、なぜお風呂に入るのか?など、意識しないと中々気付かない暮らしに関するなぜ?を解決してくれる一冊です。
他に、体調チェックなど生活に役立つ知恵も盛り込まれていて、お子様の知的好奇心を満たしてくれるでしょう。
イラストが多いので読書が苦手なお子様でも大丈夫。
大人が読んでも、そうだったのか、と改めて知識を得ることができそうです。
お子さまと一緒になぜ?を紐解いていくと、良いコミュニケーションになりそうですし、内容をもとに、だから〇〇するんだよという感じで生活指導やしつけなどがスムーズにいきそう。


ちなみに最初の話のオチは、あの一件以来子どもから、「父は頭が悪いと思われている」でした。

マウスアームスタンド SR-AM010

最近、マウスを使うときに手(掌底の部分)が傷むようになった。
掌底部分を机に付けて、そこを支点にしてマウスを動かしているのが原因。
机と手の間にタオルを置いてみたりしたが効果無し。
では、掌底が机につかないようにしてみたらどうかと試したが、それだとマウス操作の安定性に欠ける。

そこでリングマウス2(サンワダイレクト)を使ってみたが、マウスカーソルの操作精度が低く、作業効率が悪い。
トラックボールも検討したが、結局マウス操作の正確性や速度は普通のマウスが一番なのだ。

前置きが長くなりましたが、同じようにパソコン操作で手や腕の痛み・疲労に悩んでいる方はいるでしょう。
そんな人たちの救世主になりそうなのが「マウスアームスタンド SR-AM010」。


頸椎、肩、腕と手首から応力を削減し、重量の約90%を和らげ、疲労軽減に役立ちます。
アームは左右どちらの手にも対応、動作に合わせてついてきます。
手が机につかないので、私の悩み(掌底部分の痛み)も解決できそうです。

懸念は、マウスとキーボード間の手の移動がちょっと面倒になるかもしれない点。
それでも痛みを我慢するよりはマシかな。

万能包丁 楽

硬い食材が楽に切れる包丁。

カボチャなどの硬い野菜をカットするのは骨が折れる。
たまに刃が滑って怪我をしそうになったりもする。
某動画サイトでは、カボチャを簡単に切る方法が複数アップされていますが、やはり面倒。
男の私ですらこうなのだから、女性やお年寄りはもっと大変でしょう。

もし硬い食材のカットに手間取っているならば、テコの原理で楽にカットできる万能包丁「楽」を使ってみては。


硬いカボチャもスッと切れてますね。
包丁をフックに引っ掛けるから、刃が横滑りすることもなさそう。

これで鏡餅とか、太めの人参とか、カットが面倒だったものが楽になりますね。
もちろん、フックを使わず普通の包丁としても使えます。
楽の産地は、刃物の産地として有名な岐阜県の関。

icon
割引のほか、3つの用途で使えるキッチンばさみ「スタンバイ」もセットでついてきます。
自分で使うのはもちろん、身近な方へプレゼントするのも良いですね。