IronSlap

持つ・立てる・掛ける、と3つの使い方ができ、持ちながら操作の必要がなくなるスマホホルダー「IronSlap」。


両手がフリーになることで、”ながら操作”が捗ります。
色んな場所に固定できるので、手持ちや自撮り棒とは違った自撮りをするなど、アイデア次第で幅広い使い方ができそうですね。
ワイヤレス充電にも対応し、カラバリが5パターンあるのも嬉しい。

2019年10月31日まで、↓クラウドファンディングCAMPFIREで販売中。