温度調節電気ケトル

好きな飲み物を好きな温度で。

昔の電気ケトルは単純にお湯を沸かすだけでした。
個人的にはそれで十分なんですが、最近は数パターンの温度設定(70℃、90℃、沸騰など)ができたり、保温機能が付いたりとますます便利になっています。

1人暮らしなどで料理をしない人も電気ケトルは持っておいて損はないと思っています。
1人暮らしのお供とも言えるカップ麺とか、インスタントスープの類にお湯は欠かせません。
春先によく見られる、新生活する方に向けた家電セットにも電気ケトルは入っているくらいです。

そんな便利な電気ケトルですが、更に融通の利く商品が出てきました。
シロカ 温度調節電気ケトル SK-D171。

最大の特徴は、60℃から100℃まで1℃単位で温度調節できること。
お茶やコーヒーなど、飲み物に適した一番美味しい温度でお湯を沸かせます。
お湯を沸かしたあとは10分単位で1時間まで保温も可。

設定した温度まで沸かす"加熱モード"と、一度沸騰させてから設定温度で保温する"煮沸モード"があり、後者は一度沸騰させてから使いたい場合(赤ちゃんのミルクなど)に適しています。
このあたり細かい気配りですね。

機能が良いだけにお値段はそれなりですが、温度に拘るならば買う価値あり。