モイストプロドライヤー

髪を乾かすとき、ドライヤーの当て方が原因で髪が傷んでしまうことがある。
髪が渇いた状態では150℃くらい、濡れた状態では60℃くらいになると、髪のたんぱく質に熱変性が起こり、髪が傷むらしい。

それを防ぐためには同じ個所に当て続けない、髪とドライヤーの距離をとる等あるが、今髪が何度になっているかなんて分からないから正しく対策できているかも分からない。

そこで、髪の表面温度が60℃以上にならないよう温風温度を自動でコントロールするドライヤー「モイストプロドライヤー HDR-MC1」。
乾かす髪や利用環境に応じて最適な温風温度を自動コントロールし、熱による髪へのダメージを軽減します。

髪を乾かすときに神経使わなくてよくなりますね。