ガシャポン iRobot Roomba

iRobotのRoomba(ルンバ)がガシャポンになりました。

ラインナップは4種類。
・Roomba Original(初代。2002年発売)
・Roomba Discovery(2004年発売)
・Roomba 537J(2007年発売)
・Roomba 980(2015年発売)

動力はプルバックぜんまい。
走行だけでなく方向転換もするので本物のルンバっぽい動き。
実機を持っている方は比べてみると面白いかも。

販売は全国のおもちゃ売り場や量販店などのカプセル自販機で。
全部そろえたい方は全4種類コンプリート販売されているネット販売がお勧めです。

ドラえもん未来デパート

ドラえもんのひみつ道具を使っている感覚を味わえる体験型ショップ「ドラえもん未来デパート」が2019年12月1日(日)にお台場のダイバーシティ東京 プラザにオープンします。

店内は3つのエリアで構成。
・アトラクションゾーン「ひみつ道具ラボ」
 ひみつ道具の性能を体験できる。
・カスタマイズゾーン
 オリジナルグッズを作成できる。
・物販ゾーン
 ショップ限定グッズ、キャラクターアイテムを販売。

詳細は後日発表とのことですが、今ある情報だけでも楽しそうな予感しかない。
ひみつ道具を体験できるというのは、子どもはもちろん大人も興味を惹かれるでしょう。
どんな道具が登場するのか楽しみですね。

<開店予定日>
2019年12月1日(日)

<場所>
東京都江東区青海1-1-10
ダイバーシティ東京 プラザ 2F 2170区画

ホットウォーターサーバーmini

待ち時間無し、2秒で湯沸し。
電気ケトルでもカップ1杯分のお湯を沸かすのに1分近くかかりますが、サンコーの「ホットウォーターサーバーmini」はわずか2秒。
市販のペットボトル(2Lまで対応)をセットしてダイヤル回すだけで45度または90度のお湯がすぐ出てきます。

詳細は↓こちら。

ペットボトルから少しずつ水を取り込んで沸かす仕組みと推測、だからすぐに沸くのでしょうね。

使いたいときにすぐお湯が出るので待ち時間が無く、使うときに備えて沸かした湯を保温しておく必要も無し。
やかんや電気ケトルのように沸かしたお湯の量が過不足になることも無い。
消費電力も電気ケトルと同程度。

あれ、電気ケトルよりずっと良いのでは?
もしかしてこれが湯沸しの理想なのでは、とまで思ってしまいます。

1つ注文を付けるなら設定温度をある程度変えられるようになるともっと良いですね。

Warm Geek

今冬の寒さ対策はコレで決まりでしょう。
ボタン押すだけで発熱するジャケット「Warm Geek」


外出やアウトドア・ウィンタースポーツでの活躍はもちろん、室内で暖房を使わずに過ごすことも可能ですね。
USBモバイルバッテリーで稼働するので、エアコンなどの暖房器具を使うよりずっと経済的。
夏の空調服のように、これからの冬はこういうヒートジャケットが流行る予感。

Rest Me

自由に移動でき、適切な高さを保ち角度調節も可能なリストレスト(手首置き)。

長時間のPC作業で手首の負担を減らしてくれるリストレスト。
既存製品では、手を置いたまま移動しにくい、高さ・角度がほぼ固定といった欠点がありました。
マウスとキーボード操作を切り替えるたびにリストレストから腕を離さなければいけなかったりなど、リストレストを使うことで新たなストレスを感じてしまったらあまり意味がない気が。

そんな欠点を一気に解消してくれるのが「Rest Me」。
・手を置いたまま、どの方向にも自由に移動できる
・磁気浮上技術によって手首を最適な高さに保ち、手首のあらゆる角度調節が可能

↓スーッと移動するさまが見ていて気持ちいいです。

移動や角度調節のために”浮かせる”という発想がもうね、凄いですよ。
手が浮いた状態になるからこんなにスーッと軽やかに移動できるんですね。
磁気浮上はリニアモーターカーと同じ技術を使っているとの事で、それを聞いただけでテンション上がってしまいます(笑)

これを使えば手の負担やストレスを感じない快適なPCライフが送れそうです。

詳細は↓こちら。GREEN FUNDINGでプロジェクト実施中。