新型コロナウイルス接触確認アプリ COCOA

本日6/19、厚生労働省より新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」がリリース。

当アプリは、スマホのブルートゥース機能を利用して新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について通知を受けることができます。
通知が来た場合は、本人や身近な方の状況を入力することで検査の案内を受けられます。

接触判定の目安は「1メートル以内、15分以上の接触」。
新型コロナウイルス感染症の陽性者が、本人の同意のもとで陽性者であることをアプリに登録すると、陽性者と接触した可能性のある人に通知が届く仕組みです。

個人情報の取得について気になるところですが、氏名・電話番号・メールアドレスや位置情報といった個人が特定される情報は記録されません。
接触については、どこで、いつ、誰と近接したのかは互いに分からず、記録は14日経過後に自動で無効になります。
利用者はいつでもアプリを削除することで記録を削除することもできますので、プライバシーに関しての心配は要らないでしょう。


アプリ運用について気になる点。
このアプリがインストールされている端末同士で接触判定するので、みんなが使っていないと意味ないですね。
アプリ使っていない陽性者と接触したら、それは分からない。
それと、アプリ利用者の陽性申告が任意という点。
法的な問題なのでしょうけど、隠されたら分からない。

以上の懸念はありますが、正しく利用すれば感染拡大防止に役立つことは間違いないと思います。
アプリ利用によって、新型コロナウイルス陽性者と接触した可能性が分かることと、保健所のサポートが早く受けられるメリットがあります。
自身や身近な方を守るためにも、是非アプリをインストールしてください。

↓接触確認アプリについて詳しくは厚生労働省のサイトをご覧ください。

アプリのダウンロード
Google PlayからのDLはこちら
App StoreからのDLはこちら