フードプロセッサー SKU-A100

集合住宅に住んでいると物音に気を遣うようになる。
声の大きさ、ドアの開け閉め、歩き方などあるが、家電の稼働音も騒音になりうる。
代表的なものだと洗濯機、掃除機あたりだろうか。
あと、持っている人以外には意外かもしれないが、フードプロセッサーもかなり音が大きい。
モーターの駆動音に食材を砕く音が加わるからだ。

私はアボカドの種も砕けるという某フードプロセッサーを持っているが、かなり音がうるさい。
窓を開けているときや時間帯によっては周りにうるさいと思われていないか心配しながら使っている。
幸い苦情が来たことはないが、どう思われているかまでは分からない。

また、家電の稼働音は家庭内での会話やテレビ等の視聴の妨げになったりもする。
1人暮らしだとこの点はあまり気にならないが、家族で住んでいるときはトラブルの元になる可能性もある。

家電メーカーも稼働音については気を使っており、製品仕様に何dB(デシベル)か記載があったり、静音性の高い物は"静音"としっかりアピールしている。
そんな中、タイガー魔法瓶から従来品より運転音を約40%も低減した「フードプロセッサー SKU-A100」が8/21に発売される。

食材同士の衝突音、モーターの振動による音の広がり、カップの隙間からの音漏れなどフードプロセッサーの「うるさい音」の原因を一つずつ見直して設計に反映することで当社従来品より実感音を約40%※2。会話やテレビの音を妨げにくく、音を気にせずに調理できます。
※2 SKU-A型の実感音(約15SONE)と当社従来品SKF-H型の実感音(2019年製約25SONE)との比較。本体正面より1mでの測定値。

これ一台でミンチ・ペースト・おろし・生地・ホイップが行え、料理の下ごしらえが楽に。
食洗器対応で後片付けも容易。

自分も周りも余計なストレスを抱えにくくなるというのは素晴らしいことだ。
フードプロセッサーの購入を検討していたら是非候補に加えてほしい。