香の具

誰もが使ったことがあるだろう絵の具。
絵の具の魅力は、簡単に色を混ぜることができる点だと思う。
小学生の時、色を混ぜるのが楽しくて色々混ぜて、最終的に黒に近い汚い色になりがっかりした思い出がある(笑)

絵の具はずっと大きな変化はないと感じるが、最近新しい絵の具を知った。
植物由来の精油と塗料を混ぜ合わせた、香りのある絵の具「香の具」だ。
絵の具それぞれの色に、ユーカリやラベンダーといった植物の香りが付いている。

絵の具を使いながらアロマのように香りを楽しめるし、色を混ぜるように香りを混ぜることもできる。
絵の具に香りをつける、香りを混ぜると言う発想が面白い。
全部混ぜると一体どんな香りになるのだろうか。

大人になると、趣味で絵を描いていたり、美術関係の仕事をしているのでなければ絵の具を使う機会はないだろう。
絵心がなくても、香りを楽しむという観点で香の具を使ってみるのもいいかもしれない。