恐竜 がん

人が悪性腫瘍(がん)に罹患する確率、男性65.5%、女性50.2%(2017年のデータ)
二人に一人の割合。
犬・猫など動物もがんにかかることは知られていますが、なんと恐竜もがんにかかっていたという論文が、岡山理科大学などの共同研究チームから発表されました。

白亜紀後期に生息していた角竜の一種「セントロサウルス」のひ骨(すねの骨)の化石をCTや顕微鏡で調べた結果、肉骨種(骨のがん)と診断。
恐竜のがんが確認されたのは世界初だそうです。
※ソースは読売新聞

恐竜の死因に病気があるだろうことはなんとなく想像していましたが、まさかガンにかかっていたとは。
そんな太古の昔からがんがあることに驚きました。

人の場合、がんの発生は生活習慣の要因が大きいけど、恐竜はどのような要因でそうなるのだろうか。
想像でしかありませんが、恐竜の死因としてはレアなケースなのでは。
しかもそれが化石として残るなんてすごい確率ですね。