デジタルサックス YDS-150

楽器弾ける人ってカッコイイ。
でも演奏することに興味はあっても、音の大きさが気になる、演奏が難しそうといった理由で始められない人は多いのでは。

最近は楽器もデジタル化が進んでいるようです。
詳しくない人が想像するデジタル化って、パソコンやスマホ上での操作で色んな楽器の音がでるようなものを想像すると思いますが、今は実際の楽器もデジタル化しているんですね。

ヤマハがデジタル管楽器の新製品、デジタルサックス YDS-150を11/20に発売。
YDS-150は、上記の問題が解決されたデジタル管楽器。
15段階の音量調節+イヤホンジャックで場所や時間を気にせず演奏できます。
また、スピーカーユニットによって初心者でもすぐに音を出せるようになっています。
どちらの特徴もデジタルの恩恵ですね。
その他の特徴など詳しくはこちらをご覧ください。

音の問題や、難しそうだからという理由で敬遠していた方も、デジタル管楽器なら演奏できそうですね。
楽器演奏を新しい趣味として始めてみるのも良さそうです。