ヒートバッグ

すっかり秋も深まり、そろそろ暖房の出番ですね。
エコな暖房グッズをお求めなら湯たんぽが良いでしょう。
私が子どもの頃、湯たんぽと言えばプラスチックか金属素材の小判型のもので、文字通りお湯を入れて使うようなものしかありませんでした。
今ではお湯を使わず電子レンジ加熱か充電式で、デザインもオシャレなものが多いですね。

「Heatbag(ヒートバッグ)」。
こちら、シンプルながらもオシャレな雰囲気のある湯たんぽです。


天然の粘土を素材にし、電子レンジやお湯で温めて繰り返し使えます。

常に触っていたくなるような柔らかい触り心地。
この動画↓を見ればそれが分かるでしょう。

一番の特徴は、温冷どちらでも使える2way仕様であること。
温めれば湯たんぽになり、冷凍庫で冷やせばアイスバッグ(氷嚢)になります。

素材の粘土は蓄熱性が高く、熱すぎ・冷たすぎの状態を防いで丁度良い温度を長く保ちます。
これって湯たんぽに一番必要なものではないでしょうか。

ヒートバッグがあれば、暑い季節、寒い季節の快適さが少し上がりそうです。
機能性に加えて癒し要素もあるところがポイントです。