ROLLOVA

立体的なものや曲線的なものの長さを図るときにどうすればいいか。
誰でもできるのは紐を使うやり方。
①測定対象の計測始点に紐の端を置き、終点まで紐を伸ばしその位置を紐にマークする。
②紐を真っ直ぐにして、端からマークまでの長さを巻き尺などで図る。

でもこれだと二度手間だし、計測対象から紐がずれないようにしなければいけないから平置きじゃないとやりづらい。

もっとラクに計測したいならローラー型スマート巻尺「ROLLOVA」。


ローラーを転がすだけ。
立体や曲面でも、正確に測れます。

本体直径5cmとコンパクトで持ち運びがラク。
計測データ保存可。
工業グレードのポテンショメータ搭載、計測誤差の許容値は最大0.4%

詳細はこちら