バルミューダ 携帯端末事業(5Gスマートフォン開発及び販売)参入

バルミューダが携帯端末事業(5Gスマートフォン開発及び販売)に参入することを発表。

現時点で分かっていること。
・製造パートナーは京セラ。
・国内キャリアでの販売はソフトバンクでのみ取扱い。
・SIMフリーモデルの販売も計画。
・2021年11月以降販売予定。

バルミューダの家電は扇風機だけ所持しているが、新製品が出るたびに情報はチェックしていて、デザインも機能も素晴らしいのは知っている。
何かこれまでにないような仕掛けなどあるのではないかと期待してしまいますね。


以下、プレスリリースより。
当社として新たな製品カテゴリーとなる携帯端末事業(5Gスマートフォン開発及び販売)へ参入することを決定しましたのでお知らせいたします。

これまで家電事業において培った経験と実績を基に、コモディティ化が進んでいる携帯端末市場においても、バルミューダならではの新たな体験や驚きを提案していきたいと考え、当社として新たなジャンルとなる本事業へ参入するものです。
当社は自社工場を保有しないファブレスメーカーであるため、京セラ株式会社(代表取締役社長 谷本秀夫、京都府京都市伏見区竹田鳥羽殿町6)を製造パートナーとして事業を開始します。

今後のスケジュール
販売開始時期 : 2021年11月以降(予定)
*当モデルは、国内通信事業者としてはソフトバンク株式会社のみでの取扱いとなります。同時に、SIMフリーモデルの販売も計画しています。